診療内容

各種診療いたしております。

訪問診療

患者様に安心できる在宅療養を提供いたします。
対象となられる方
  • 通院が困難な方
  • 寝たきり及びそれに準ずる方
  • 注射、創の処置、チューブ類の交換等の処置が必要な方
  • 老人ホームやグループホーム等に入所されている方
  • 退院後のサポートが必要な方
  • リハビリの必要な方
  • ご家族が介護を困難とする方
  • 往診が必要な方
対応可能な在宅医療
  • 在宅酸素の管理
  • 在宅自己注射の管理
  • 在宅人工呼吸の管理
  • 膀胱留置カテーテルの管理
  • 縟瘡(床ずれ)ケア
  • 麻薬を使った疼痛管理
  • ターミナルケアの対応
  • 心電図検査
  • その他
訪問エリア

寝屋川市を中心に(半径16km圏内 大阪市一部を含む)の広い範囲に対応しております。
ご自宅・各施設が訪問エリア内かお調べいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

診療のご予約・お申し込みはこちら
072-800-3899

【内科】

風邪などの体調不良から、気になる身体の症状、どこに相談すればいいのかわからない疾患など、幅広いお悩みに対応しています。

内科では、発熱や咳、痰、喉の痛み、鼻水、鼻づまり、腹痛、胸やけ、嘔気といった日常的な症状のほか、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の診療も行っています。
また、内科はどこの科にかかれば良いのかわからない場合の初診窓口としての役割も担っています。
上記症状に限らず、どんなお悩みでもまずはお気軽にご相談ください。

●内科で扱う疾患

風邪、インフルエンザ、気管支炎、気管支喘息、肺炎、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、甲状腺疾患、胃腸炎、便秘、下痢、逆流性食道炎、痛風、貧血、花粉症、蕁麻疹、アレルギー性疾患、高血圧、脂質異常症(コレステロール高値)、糖尿病、痛風、メタボリック症候群、動脈硬化症など生活習慣病など

【循環器内科】

心臓と血管を専門とする診療科です。脈が正常でない、心臓に違和感や痛みがある……そんな時は早めに診察を受けるようにしましょう。

心臓や血管といった、血液の循環に関係する臓器を扱うのが循環器内科です。
心筋梗塞や心不全といった心臓の病気の治療を行うだけでなく、それを引き起こす原因である動脈硬化や高血圧の予防、治療に関する取り組みも行っております。
早期に診察を受けることで防げる発作や疾患もありますので、少しでも気になることがありましたらお早めにご相談ください。

●循環器内科で扱う疾患

狭心症、心筋梗塞、不整脈(心房細動、上室期外収縮、心室期外収縮など)、心不全、心筋症、高血圧、脂質異常症(高脂血症)など

【心療内科】(認知症外来)

要予約となっております。

うつ病、不安障害、睡眠障害などの診断・治療を行います。
詳しくはお問い合わせください。

【睡眠時無呼吸症候群】

毎朝体調が悪い方、昼間眠気に襲われる方、いびきをかく方は、まずは自宅でできる検査を実施してみましょう。

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が止まってしまう病気で、「10秒以上の無呼吸が一晩に30回以上」または「1時間当たり5回以上」であることを言います。
呼吸が止まったまま、窒息死するわけではありませんが、睡眠の質が著しく低下し起床時の倦怠感や頭痛、昼間の異常な眠気などを引き起こします。
また、動脈硬化を促進させることもあるため、心筋梗塞や脳梗塞のリスクも高まります。
自分で睡眠中の呼吸が止まっていることを知るのは難しいため、しっかり眠れてる感じがしない方や、ご家族にいびきを注意される方は、まずは一度検査を受けてください。

●睡眠時無呼吸症候群の診断・治療

睡眠時無呼吸症候群の簡易検査は、簡易検査機器を使ってご自宅で簡単に行うことができます。
簡易検査で判断が困難な場合には、入院検査ができる施設をご紹介させていただくこともあります。
睡眠時無呼吸症候群と診断された場合は、就寝時にCPAPと呼ばれる装置を使っての治療が主となります。

【健康診断】

企業健診や各種健診を行っております。病気を早期発見できるよう、必ず年に一度は健康診断を受けるようにしましょう。

みつばちクリニックでは、病気の早期発見・予防を目的とした健康診断を実施しています。
勤め先から健康診断の案内を受けた方、就職活動のための健康診断書が必要な方、寝屋川市から各種健康診断(特定健康診査、肺がん検診、大腸がん検診、前立腺がん検診、肝炎ウイルス検診)の案内が届いた方は、まずはお気軽にお問い合わせください。
検査結果に基づいて生活習慣のアドバイスをしたり、必要に応じて精密検査をして当院で治療を開始することもできます。

【予防接種】

インフルエンザ、肺炎球菌、風疹、日本脳炎などの各種ワクチンの接種を行っております。ご気軽にお問い合わせください。

当院では、各種予防接種を実施しています。主に行っているのはインフルエンザ、肺炎球菌、麻疹・風疹、日本脳炎、DTなどですが、他の種類でも対応できるものもありますので、まずはご相談ください。

■予防接種の種類
●インフルエンザ

例年、初冬から春先にかけて流行します。特に高齢者や身体の弱っている方は、重症化するケースもあります。
ワクチンが十分な効果する期間は接種後2週間から約5か月とされていますので、できるだけ11-12月にはワクチンを接種しておくようにしましょう。

●肺炎球菌(高齢者向け)

肺炎は日本人が死亡する原因として3番目に多く、その中でも特に多いのが「肺炎球菌」と呼ばれる細菌による感染症です。
特に高齢者は肺炎の重症化による入院なども多いため、はやめにワクチンを接種しておくことが大切です。

●風疹

女性は、妊娠初期に風疹を発症すると、障害を持った赤ちゃんが生まれてくる可能性が高くなります。
そのため妊娠を予定されている方は、パートナーとともに必ず風疹の予防接種を受けておくようにしましょう。

●日本脳炎

日本脳炎は、日本脳炎ウイルスにより発生する疾病で、蚊を介して感染します。突然の高熱、頭痛、嘔吐などで発病し、意識障害や麻痺等の神経系の障害を引き起こす病気です。